ねんきん定期便の見方

ねんきん定期便とは?



ねんきん定期便とは、2009年(平成21年)4月に日本年金機構(当時の社会

保険庁)がスタートさせた、年金の加入歴などの情報を記してお知らせする

ための書類です。


国民年金及び厚生年金保険に加入している人宛てに、毎年誕生月(1日生まれ

の人は誕生日の前月)に送られて来ます。





   ←なお、平成24年からは

    ハガキに変更されました。

 










50歳以上の人には、年金加入期間、老齢年金の見込額、保険料納付額と

最近の月別状況のお知らせとなっていますが、58歳の人には、老齢年金を

受給する手前の年齢と言う位置付けで、それに加えて、これまでの加入履歴、

国民年金保険料の納付状況と厚生年金保険の標準報酬月額等 の情報も

併せて送られます。


そして、50歳未満の人には、年金加入期間、加入実績に応じた年金額、

保険料納付額と最近の月別状況のお知らせとなっていますが、

35歳、45歳の人には、年金について考える節目の年齢として、それに加えて、

加入履歴、国民年金保険料の納付状況と厚生年金保険の標準報酬月額等

情報も併せて送られます。


ここで出て来る加入履歴には、何年何月何日から何年何月何日まで、

何という会社に勤務したか?という細かい部分が書いてあります。




ねんきん定期便の見方


ねんきん定期便が届いたら、以下のポイントに注意して見てみましょう。


★加入期間


転職、結婚などでのイベントがあった時期と種別。

特に結婚して専業主婦になった人は第3号に変わっているかどうかをチェック。

また、夫が脱サラをして第1号に変わった場合は自身も第1号となるので

注意が必要です。


★加入実績に応じた年金額



やはり転職歴がある人は要注意です。

期間が重複していないかどうか?しっかりとチェックしましょう。


★保険料納付額


第3号への種別変更などがあった時は特に、保険料の納め忘れがないか

どうか?よくチェックして下さい。

付加保険料もここにあわせて記載されています。





ページのトップへ戻る