介護保険のしくみ

介護保険とは



介護保険とは、年金と同じく社会保障の一つで、介護が必要となった時に

サービスを現物給付の形で受け取れるものです。

高齢化の進展にともない、社会全体で介護を支え合うしくみとして、2000年に

制定されました。

自立支援を理念とし、給付と負担の関係が明白な社会保険方式が特徴です。



介護保険の被保険者



介護保険の被保険者は医療保険制度に加入する40歳以上の全ての人です。

65歳以上を第1号被保険者、40歳~64歳を第2号被保険者と呼びます。



第1号被保険者の人は、病気等の原因を問わず、寝たきり・認知症などにより

介護が必要、日常生活に支援が必要と認められた場合には、介護サービスを

利用できます。


第2号被保険者の人は、末期がん、関節リユウマチなどの加齢による特定疾病

により介護が必要になった場合に限り、介護サービスを利用できます。


なお、保険者は各自の住む自治体(市区町村)となります。



介護保険の保険料



介護保険の保険料は、加入する医療保険制度からあわせて徴収されたり、

年金を受給している人は年金から天引きして徴収されるため、介護保険に

加入しているという自覚を持ちにくいのですが、反対に保険料の未納率は

低く済んでいます。


第1号被保険者の保険料算定のもととなる基準額は、平成21年~23年度は

制度導入当時の40倍となっており、高齢者の増加を見込む今後はまたさらに

上がっていく可能性が高いと考えられます。



介護サービスの利用のしかた




介護サービスを実際に利用する時には、以下のような手続きを踏みます。




まだ介護が必要ではない段階でも、近い将来利用の可能性が考えられる

場合は、支援センターに早めに相談すると良いでしょう。

これからどのような動きをとって行けば良いか相談にのってもらえたり、

申請から認定までの期間が少しでも短縮できるからです。


申請を本人ができない場合は、家族や支援センターの代行でも大丈夫です。


また、審査により 「要介護 1~5」、「要支援1~2」、「非該当」の認定が下り

ますが、結果に不満な場合は、 60 日以内に「介護保険審査会」に不服を

申し立てます。


ケアプランの作成は、自分で希望することもできます。




ページのトップへ戻る