民間の介護サービス

公的介護保険と違う点



民間の介護サービスには、公的介護サービスと同様のサービスのほか、

様々な種類のサービスが展開されています。

要介護認定が必要な公的サービスにはないきめ細かなものも多いですが、

費用がその分高くなりがちです。





民間企業が提供している介護関連サービス



民間の介護サービスには、以下のようなものがあります。


・家事代行

・介護タクシー

・食事宅配

・訪問入浴

・介護保険(金銭面でのサービス)

・介護住宅



その他にも、介護の需要が高まるこれからの社会には、様々な民間の

サービスが登場することが予想されます。

これらの中には、当然ながら公的介護保険が効かない物も多く、

その場合は全額自己負担となってしまうため、老後の介護に関しては、

若いころから備えておくことが重要になって来ます。


また、介護サービスを手掛けている会社は、将来の成長が期待できます。

良い会社を見つけて株を買っておくと、将来的に株主優待を利用できる

こともあり、有効な老後の資産設計となります。




現在介護サービスを展開している会社




既に介護事業を展開している企業には、次のような会社があります。

企業の将来性を見越して、株に投資してみるのも資産分配の観点から

正しい選択です。



・日本介護事業㈱

・㈱ツクイ

・ワタミ㈱

・㈱三笑堂

・㈱ベネッセスタイルケア


など

ページのトップへ戻る