加給年金と振替加算

加給年金とは



加給年金とは、厚生年金保険の被保険者期間が20年以上(特例あり)ある

人が、65歳より前に受け取れる年金(特別支給の老齢厚生年金)の定額部分

をもらえる年齢に達した時点で、その人に生計を維持されている対象者が

いる場合に支給される、家族手当のようなものです。

配偶者なら65歳未満、子供なら18歳到達年度の末日(つまり3/31)までの

間、1人につき226,300円(特別加算あり)が年金に加算されます。

なお、3人目以降の子供は、同じく18歳到達年度の末日(つまり3/31)まで

の間、1人につき75,400円が加算されます。





振替加算とは



加給年金をもらっている人は、配偶者が65歳になって老齢基礎年金を受け

取れるようになると、それまで支給されていた加給年金額が配偶者への

加算に振り替えられます。これが振替加算です。(条件あり)





注意したい点



ただし、昭和24年4月2日以降に生まれた人は定額部分はもらえないため、

加給年金をもらえるのは老齢基礎年金の支給が始まる65歳からとなります。

そのため、夫婦の年齢差が少ないと、もらえる加給年金額が少なくなります。






ページのトップへ戻る