在職老齢年金とは

在職老齢年金のしくみ



60歳以降に仕事をしながら受ける老齢厚生年金を在職老齢年金と言います。

賃金と年金のバランスに応じて年金の一部または全部が支給停止されます。

なお、年金制度では、『60歳に達した日』というのは誕生日のことではなく、

その1日前を指します。したがって、65歳未満というのは、65歳の誕生日の

前々日までを言います。




在職老齢年金の計算のしかた



まず、自分の年金の基本月額を出します。


(特別支給の老齢厚生年金の額-加給年金の額)÷12


それから、自分の総報酬月額相当額を出します。


(その月の標準報酬月額)+(その月以前1年間の標準賞与額の合計÷12)




◎60歳代前半の在職老齢年金


60歳から65歳未満の在職老齢年金の計算方法は、以下のようになります。

ここでは、ひと月にもらえる金額を計算します。
(1年間の金額を出したい場合はそれぞれ ×12 として下さい)



基本月額総報酬月額相当額の合計が28万円以下の場合

 支給停止はされません。(年金は全額支給)


基本月額総報酬月額相当額の合計が28万円超46万円以下で、
 基本月額が28万円以下の場合

 基本月額-(総報酬月額相当額+基本月額-28万円)÷2



基本月額総報酬月額相当額の合計が28万円超46万円以下で、
 基本月額が28万円超の場合

 基本月額-総報酬月額相当額÷2



基本月額総報酬月額相当額の合計が46万円超で、
 基本月額が28万円以下の場合

 基本月額-{(46万円+基本月額-28万円)÷2+                         (総報酬月額相当額-46万円)}



基本月額総報酬月額相当額の合計が46万円超で、
 基本月額が28万円超の場合

 基本月額-{46万円÷2+(総報酬月額相当額-46万円)}






◎5歳以降の在職老齢年金


65歳以降の在職老齢年金の計算方法は、以下のようになります。

基本月額総報酬月額相当額の合計が46万円以下の場合

 支給停止はされません。(年金は全額支給)



基本月額総報酬月額相当額の合計が46万円超の場合

 基本月額-{46万円÷2+(総報酬月額相当額-46万円)}




注意したい点

定年後に再就職する場合は、年金見込額を考えて賃金を決めましょう



注意したい点は2つあります。


①計算の結果、年金支給月額がマイナスになる場合は、年金は全額支給停止

 となり、加給年金額も支給停止となる点。

 (老齢基礎年金および経過的加算額は全額支給されます)


②総報酬月額相当額を出す式を見てもらうとわかるように、過去1年間の

 賞与が多いと、年金停止に大きく響くことになる点。(ただし上限あり)



定年後に再就職する場合は、年金がいくら停止されるかをしっかりと計算

した上で、雇い主に賃金を決めてもらう、あるいは自分で心づもりをする

ようにしましょう。



ページのトップへ戻る